不動産を相続するとき

相続する資産のうち、土地、建物などの不動産を相続する時、大阪の相続相談ならよく税金対策と言っては生前贈与するケースがありますが、生前贈与は決して税金対策にはなりません。不動産取得税がかかるからです。不動産取得税は土地の所有者が亡くなった後取得すると不動産取得税がかかりません。没後不動産を取得するほうが税金としてはお得なのになぜ、生前贈与のほうが税金対策となるというのか。それは、複数の人数で相続するからです。土地は分割して贈与することはできません。土地を売却した後土地の売却益を分けると方法がありますが、その方法では土地を売却した時に税金がかかりますし、売却する時の手数料もかかります。また、土地の査定価格と売却価格が違うことも少なくありません。多くは売却益のほうが少なく、相続税を支払う時も兄弟でいざこざが発生します。そんないざこざが多く、相続の手続きもうまくいきません。そのため、生前に贈与して相続をスムーズに行うことがベターな方法になります。