思い出の詰まった実家を相続するときに気をつけること

親からの遺産をもらうときには神経を使わないと問題を抱えたまま何年も過ごさないといけなくなるリスクがあります。お金が絡む問題なので相続人が感情的になってしまいがちです。私は相続する立場になったときは、やっかいな相続問題を抱えないために本やネットで注意点を調べました。特に相続人の間で不満がたまりやすいのが税理士法人でならば神戸の相続についてです。実家に親といっしょにずっと住んでいる親族がいた場合、その親族がずっと実家に住み続けたいと願うケースがあります。もともと実家で暮らしていた人が実家を相続すれば問題ないのですが、他の親族が相続してしまうと問題になります。私が相続した実家には親の他に住んでいる人がいなかったので特に問題は起きなくてよかったです。私の相続した実家はあまり新しくないためいろいろなところに汚れがあったので売却するか迷いました。しかし家族が仲良く暮らした思い出がいっぱい詰まった実家なのでずっと所有することにしました。