親からの遺産について感じること

親から遺産を受ける時に多くの人は遺産は多ければ多いほど良いと思います。
ですが、実際はそうではないです。

実際は相続でのお困りならば京都で親から受ける遺産が多くても良いという事にはならないです。
なぜならいくら親から受ける遺産が多くてもそれが必ずしも価値があるとは限らないからです。

では、そういう場合は具体的にどういう場合かというとそれは親が資産価値がないものを多く持っていた場合です。この場合はいくら遺産が多くあっても意味がないです。

なので遺産相続の際に単純に親の遺産がたくさんあれば良いという事にはならないです。
ですから普通は親の遺産が多ければ多いほど良いという風に思われがちですが実際はそういう事はないです。

それどころか遺産の多くが売れない土地だった時はむしろない方が良いくらいです。
ですから単純に親の遺産が多い方が良いという風に考えるのは間違っています。

ですがそれも実際に遺産相続を経験しないと分からない事です。
実際に遺産相続をしてようやく分かる事もあります。

少なくとも私はそう思いました。